2000年の強化アイテム。
たくさんのお買い上げ
(ネット上ではちょこっとだったけど)
ありがとうございました!

当商品は販売期間が過ぎたため、残念ながら現在製造しておりません。
しかしながら十分にこだわった商品なので、参考までに掲載しておきます。
じつは、飴の評判が非常に良く、飴だけでも復活をとの声もチラホラ‥‥。


陣中飴ロゴ なんといっても今年は「関ヶ原の戦い」400周年ですね〜。各地でイベントがもりだくさん。大河ドラマも徳川さんで、なかなかのご盛況ぶりだそうで。それになんとかあやかろうということで、登場したのがこの一品。販売期間は今年一年間の限定付き。しかも、東海地方でしか手に入らないというレアな商品。おまけにNHKのお墨付もいただいているので、信用度抜群!
 その名も『徳川土鈴陣中飴』。鈴も飴もこだわりぬいた苦心の作です。今年一年を通して、強化アイテムとして販売します。
 お買い上げの方は、もれなく当店自慢の『有平糖』シリーズの中から、お好きなものを一品プレゼントいたしま〜す。販売期間も後わずかとなりましたのでお早めにご注文下さい!


八丁味噌入り・『徳川土鈴陣中飴』

天下逸品!

土鈴とのセット150g入り

家康商品写真
●飴
(150g入り)
飴一筋のプライドを賭けた品だけに、味のほうは絶品!しかも、サムライが戦場で食べた『兵糧丸』がヒントになったという、アイデア商品。さらに、家康が好んで食した八丁味噌をベースに玄米、黒胡麻、大豆という栄養あふれる食材をふんだんにつかっているんだから、これだけでも価値がありますよね!特に玄米入りは、香ばしさが最高にウマイ!と評判です。
飴ツウだけでなく誰が食べても損はない、『徳川陣中飴』。まさに天下取りの味!

●土鈴
家康公のお膝もと、愛知県在住の有名デザイナー描き下ろしのイラストをもとに、完全オリジナルの土鈴ができました。これは当店との共同企画をもちこんだ「民芸品の丸高」さんの苦心作なんですよね〜。生産量もゴクわずかなので、マニアなら見逃せないはず。家康のニンマリ笑顔が福を呼ぶ!


「兵糧丸」とは?
(ひょうろうがん)

参考文献
「雑兵物語」
「堂々日本史12」
(KTC中央出版)

戦国時代の携帯食で、大豆、胡麻、梅干しを酒で練り上げたものです。もしもの時も、一日に二〜三個で大丈夫というすぐれものです。その他にも、栄養満点のお味噌や丸めた飯を乾燥させた「干飯(ほしいい)」も常備していました。

最強三河武士の『八丁味噌』!
家康公ひきいる三河武士団は、戦国最強といわれました。その強さの秘密には『八丁味噌』に代表される豆味噌があったのでは?という説があります。各地の大名が研究した手前味噌は、今でいう軍事機密でもありました。



次へ