現在このページは工事中です。


当商品は8月ごろから予約を受け付けていきたいとおもいます。
神社、幼稚園、菓子問屋からのまとまったご注文は
ご相談に応じますのでお気軽にメールして下さい。

小さなお子さんの祝い事だから
心のこもった手作りを食べてもらいたい。

●左のロウ紙で飴を一本一本手で巻いていきます。

煮詰めた飴を冷しながら練乳をたっぷりとまぜていきます。
飴を何度も伸ばし気泡を入れると真っ白な引き飴になります。それを手でのばしていきます。
適当な長さに切って太さをそろえながら丸めます。まだちょっと熱いです。
適度に冷えたところで、出刃包丁で切っていきます。トントンといせいのいい音がして、この音を聞くともうすぐ冬だなーと感じます。
箱に並べたところです。一本の長さは12センチくらいですが、手作業なので多少の違いははお許し下さい。
出来た飴を手で巻いていきます。両端を2〜3回ねじるだけですがたいへんですよー。
通常、食紅をまぜたものと紅白で売る事が多いようです。当店はご注文どうりおわけします。
あとは、飾り袋に入れられてチビっ子達のところへ。